アロマテラピーとは

 

芳香植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用して、健康を維持、回復させる自然療法です。

 

一般に言われているように、香りだけがアロマテラピーの効果なのではなく、エッセンシャルオイルの薬理的効果は科学的にも証明されており、様々な作用があると言われています。

 

エッセンシャルオイルは私たちの健康、肉体、心理、感情全てのレベルにおいれ影響を与える効果があるといわれており、アロマテラピーをホリスティック療法とも考えられています。

 

香りは私たちの潜在意識に働きかけ、眠っていた記憶や感情を呼び起こす、非常に神秘的な存在でもあります。

 

エッセンシャルオイルの持つそれぞれの特徴ある香りは、植物が生き延び進化する際に必要なもの、表現したいものの大成であると言え、気候や標高、土壌などの環境に適応し、その時代に応じて 菌や微生物と闘ってきました。生き残るために必要なものを自らつくり出し、様々な方法を使って昆虫や動物を誘引したり忌避したりしてきました。その結果、化学成分と同時に確かな生命力とエネルギーの存在を感じられるのです。

image4-2.png

TREATMENT STEP

コンサルテーション

安全で効果的なトリートメントを行うために、お客様の体調や気分をお伺いし、

エッセンシャルオイルを選択していきます。

フットバス

フレッシュなハーブが香るフットバスでお身体を足元から温めます。

優雅な癒しのひとときをお過ごしいただけるよう準備しています。

全身ボディトリートメント

筋肉のこわばりをほぐし、血液循環、リンパの流れを促進します。

 ヘッドセラピー*

頭皮をやさしくほぐすことで、脳と心と体を癒します。

アフターコンサルテーション

ハーブティーを飲みながら、セラピストが気になった身体の状態をお伝えしたり、お客様自身が感じたことがればお話していただいたり、というお時間を設けています。

(施術90分 トータル135分)

(施術60分 トータル105分)

*ヘッドセラピーは90分コースのみの設定となります。

IMG_2085_edited.jpg

アロマテラピーによる心への作用

 

香りを嗅ぐと、エンドルフィン、 セロトニン、アドレナリンなどが分泌すると言われています。これらは、多幸感や情緒の安定、心を活気づける、鎮静などの効果をもたらす脳内の神経伝達物質。香りによって刺激される大脳辺縁系、視床下部、下垂体といった部分は、記憶、本能的な行動、睡眠、自律神経系や内分泌系の働きをコントロールしています。これらは心の影響を受けやすく、感情が安定していると円滑に働き、病気にもかかりにくいことがわかっています。

 不眠 不安感 ストレス 神経疲労 緊張 抑うつ など

アロマテラピーによる身体への作用

 

精油成分には、免疫系を強化して細胞のバイタリティーを高める、病原菌と戦う力を高める、血液やリンパの流れを促す、腎臓や肝臓、胃など体各器官を刺激して働きを向上させるなどの効果が知られています。精油成分の作用とトリートメントによる刺激は、複合してプラスの効果を発揮します。

  代謝促進 冷え 浮腫 便秘 消化不良 肩こり 筋肉痛 関節炎 月経不順 

免疫力の強化 など

アロマテラピーによる皮膚への作用

 

精油成分には肌の調子を整え、スキンケアに役立つものが多数あります。好きな香りで心地よさを感じ、リラックスすると、血管が拡張し、同時にトリートメントによっても血流が促進され、結果的に皮膚のターンオーバーの活性につながります。また、お肌への触覚刺激が情緒を安定させ、ストレスへの耐性を高める効果があります。

 ドライスキン 傷跡 湿疹 痒み 虫刺され ニキビ など

DSC04832.jpg

当サロンは治療を目的としたものではありません。

アロマテラピートリートメントは、タッチングの心地よさを追求し、経路・つぼを意識した東洋医学的観点を取入れ、極上のリラクゼーションを目的としています。

■注意と禁忌事項

 

安全なトリートメントを行うために、下記の症状がある方は、トリートメントを受けられない場合がございます。

 

・発熱時

・妊娠の可能性がある方

・妊娠中、授乳中の方

・高血圧の方

・皮膚病のある方

・火傷など外傷のある皮膚

・アルコール摂取後

・骨折、脱臼の直後

・疲労困憊または、身体が極端に髄弱している方

・重度の椎間板ヘルニア

・重度の心臓病の方

・中枢神経障害をお持ちの方

・重度の静脈瘤がある方

・動脈瘤や動脈硬化症などの血管性疾患がある方

・糖尿病で合併症を併発している方

・その他の基礎疾患をお持ちの方(てんかん、高血圧、喘息、腎臓、肝臓疾患など)

 

※通院されている方や薬を服用中の方は、主治医にご相談のうえご来店下さいますようお願い申し上げます。