寒い毎日ですが、いかがお過ごしですか?


緊急事態宣言も延期になりそうですね。


収束に向かうことを願っていますが、やはりwithコロナ…共存していく覚悟が必要ですね。


ということは、感染症にかかりにくい身体をつくることが大切で、免疫力を高めていく必要がありますね!


しかし、免疫が重要であるにも関わらず、私達の免疫力がコロナのような新しい病原体に対してまだ有効に働けないという事があるようです。


他のウイルスや細菌とは根本的に異なっていて、コロナウイルスは自ら増殖することができません。ヒトの細胞に侵入しなければ何もできない物質に過ぎないということですね。


では、私達の免疫機能はどのように対処できるのか…


ある医学博士によるとポイントは2つ!


ひとつはウイルス感染した細胞を速やかに取り除くこと。


もうひとつは増殖したウイルスの体内での感染を広げないこと。


もし感染してしまったら、私達の免疫機能では、感染したウイルスと反応する「抗体」が作られるのですが、コロナのような新型といわれる病原体の場合、十分な量の抗体が出来上がるまでに時間がかかるということなんですね。


そしてこの抗体。抗体を作る機能が加齢によって低下きてしまうのです。だから高齢者が重症化しやすいのですね。


また、感染初期の段階では自然免疫に期待できるようです。


自然免疫とは、生まれつき備わっているもの。




看護学校の時の教科書を引っ張り出しました😅


ナチュラルキラー細胞にキラーT細胞…ふむふむ。


今回のコロナウイルスの話をまとめますと、そもそも自然免疫は生まれながらの生理的機能なので、それを低下させないような生活スタイルを心がけることが肝心ということですね!


自然免疫について、もう少し深く勉強してみようと思います。


日々勉強です!