画像1.png

 La Terre 代官山 オーナー

​飯塚靖代/現役看護師セラピスト

北関東の自然豊かな地で生まれ育ち、広い空と一面に広がる田園に囲まれて幼少期を過ごしました。

 私が美容の仕事を選んだきっかけは、小学生の頃から外見的なコンプレックスがあったから。キレイになりたいと誰よりも強く思っていましたし、何よりキレイなものが大好きでした。しかも、感受性の強さは周りの大人たちに心配されるほど。敏感であるがゆえ、周囲の刺激を受けてしまい、いつも疲れていた記憶があります。

 そんなコンプレックスだらけの自分をどうにかしたいと思いながら思春期を過ごし、高校生の時にとあるドキュメンタリー番組を観ました。その番組で紹介されていた新人エステティシャンをみて、私はこの仕事をするのだと直感的に思いました。今にして思えばなんて単純な動機だろうとも思います。自分を磨きながらもお客様をキレイにしていく、天職とさえ思いました。

 

 大学進学という道もありましたが、高校卒業後はエステティックがしっかり学べる美容専門学校に進学することにしました。念願叶って認定エステティシャンとして、卒業後は大手エステサロンにてフェイシャル、ボディ、脱毛の技術者としてサロン業務に従事。年間、延べ2000人の施術にあたり、朝から晩まで仕事をこなすだけの毎日に自分自身を見失ってしまい、心と身体の関係性、バランスの大切さを身をもって痛感しました。その後は、会員制スポーツクラブ内エステサロンに勤務。オールハンドによるパーソナルなサービスを提供したことを通じて、自分の進みたい道を再認識。

 

 日々お客様に関わるなかで、しっかり責任を持って関わりたいという思いが強くなり、看護師免許を取得するに至りました。自らの経験値と引き出しを増やしたいと考え、卒業後は看護師として美容医療に携わり、様々な悩みを抱えた患者様と真摯に向き合うなか、患者様自身が求める本当の姿をホスピタリティとコミュニケーションを通じて、共に探し求めることの大切さを実感すると共に、そのスキルを磨きました。

 また、人の心と身体に向き合うプロフェッショナルとして身に付けておくべき基礎を学ぶため、大学の心理学部へ進学。カウンセリング手法やストレスマネジメント、発達心理学等の学びから、多角的な視点で人を理解し、受容しサポートするために必要な心理学の基本を学びました。心と身体は密接に繋がっており、幼少時から感受性が強かったこともあり、元来より興味のあった心理学を大学で学びました。

 

 さらに、合成香料に過敏な体質であることから、自然の香りに魅了されたことは言うまでもありません。アロマテラピーの最高峰である国際アロマセラピスト連盟(IFA)の認定校London School of Aromatherapy Japanにて、世界を代表とするアロマテラピストであるバーグ文子校長のもと、より実践的なアロマテラピーを学びました。アロマテラピーの世界は奥が深いもので、現在も勉強中です。

 2020年10月、これまで培った経験と知見をもとに、自らのこだわりと、幼少期の原体験でもある自然の癒しを最大限に活かせる場として、東京・代官山にて、完全予約制のプライベートサロン「La Terre 代官山」をオープンするに至りました。

 作られた美しさよりも、内側からあふれ出す自然な美しさ、自然美、素肌美。その方が本来持っている美しさを引き出して差し上げることで、ご自身の美しさに気づいていただく。その唯一無二のあなただけの美しさを認めることで、人と比べたり他者の価値観に惑わされずに、価値ある人生を送ることのできる素敵な女性になっていただけるよう、この仕事を通じてサポートさせていただければ嬉しいです。

 

◆英国IFA認定PEOTコース全過程終了
◆日本エステティック協会認定エステティシャン
◆看護師免許
◆認定心理士

​◆日本ヘッドセラピスト認定協会1級

◆AEAJアロマ検定1級アロマテラピーアドバイザー

◆日本ホリスティック医学協会 専門会員